基本に戻って・・・・。
何事も、基本や初心というのは大事なことで

迷いや心にブレがあるときなんかは基本に戻るのが

よろしい、と思われます。

最近行っているハイキングも、ここはひとつ基本に

戻ろうじゃないか!ということで

湖西連峰に山
(こさいれんぽう。湖西市民なら必ず登った事のある山。
小学生や近所の人の散歩コースにもなっている)


(こんな立派な地図まである!!)

7月の半ば、参加者はK君、後輩のS君の息子二人、寿の4人パンチ



この日は曇りで雨が降りそうな感じです大雨

まあ、涼しくていいんですがにっこり

















朝、7時半出発です歩く

30年ぶりくらいで湖西連峰を歩いてみたわけけなんですが

道が整備されていて、とても歩きやすい手
(梅田の自治会の人、ありがとうございます)

結構な登りもあり、見晴らしもよく、気持ちのいい山です矢印上



S兄弟はさすがに、小学生と中学生、サクサクと歩いて行きます!
(軽やかに登りを走っていった。走らんでも・・・・。)



K君もザクザクと歩いて行きます。

K君もハイキング2回目とあって余裕がありそうで・・・・。

やっぱ、ないか・・・・。え?!



途中雨に打たれはしましたが、7月の気候です。

低体温症になるわけもなく

むしろ、濡れて気持ちいいくらいの感覚ですきらきら
(当然、合羽は装備しているが。)


午後12時半到着

5時間くらいの行程です。

程よく左膝も曲がらなくなり(ダメじゃん)

やった感満載でK君、ボクは満足でした。がびっくり

S兄弟はまだまだ余力があるようで

S兄などは、このコースを往復するものだ

と思っていたらしく

気合いの入った心構えで参加したらしいのです火
(立派だ!!でも今日はやめとこう!)



参考までに、

コースは、梅田の新池スタートの大知波親水公園ゴールですにじ

山レディーも、自転車野郎も、ちびっ子も

みんなが楽しんで登れる山、湖西連峰金メダル

基本に戻るには最高の山ですグッド


追記

この4人でハイキングに行った次の週

S兄くんの言った「往復だと思った」発言に触発されて

単独往復開始です。

コースは先週とまったく同じで

朝6時10分スタート、11時10分往復完了
(もちろん、景色なんぞは見向きもしない!!)

往復で5時間の行程です。湖西連峰、往復も可だね!!


どうする?K君????


 
| 健康情報 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
旬な野菜で・・・・。
最近、夏野菜が取れるようになり

ボクのところでもいろんなものが取れていますひまわり

カボチャもその一つで、煮て食べるんですが

今回は、その種エリザベス



洗って、日に干して、乾燥させて

フライパンで乾煎りすると食べれると言う!!??


早速やってみることにパンチ

この季節、天日干しは強力でいい感じ太陽

2、3日、干していい感じなところで

フライパンに投入人差し指

炒ること30分火

早速試食!

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん

なんか違う!え?!

ボクが思っていた、カリカリコリコリではない怒り

一応塩も入れて乾煎りしてみたが

味もそっけもないし、なんだかまだ湿っている感じが・・・・。

食べれんことはないが、不味いショボン

干してから油で揚げたほうがいいのか??


とりあえず見本を買いに、近くのスーパーに行くことに

なったボクでありましたDocomo119(意味ないじゃん!!)
| 健康情報 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
打撲
大人になると、打撲というか打ち身に弱くなるようで

身体をぶつけたところがいつまでも痛い!なんてことが

よくあります。


とある日お風呂

お風呂に入っていて

身体を洗おうと、椅子にしゃがみこんだのはいいんですが

椅子がなく、右の坐骨から尻もち痛い

お尻が痛くなるかと思いきや

なぜか?右の背中が痛いはてな
















どうやら・・・・。

尻もちをついて、坐骨(上部)が後転して

腰方形筋が引っ張られ、第12肋骨が急激に引っ張られ

右の背中が痛くなった模様ですえ?!

通常の腰痛と違い、咳やくしゃみなどでは痛くなりません

身体の前後屈、回旋はアウトですショボン

椅子に座っても、車の運転をしても痛い

トイレで拭くのも痛い沈

へたすると横になっていても痛いわけで・・・・。

しかも、直接打った坐骨(お尻)は痛くなくて

それより上部が痛くなるなんて、発見の喜びはあるものの

悲しくなりますkyu



この、自分の身体の状態から見て、筋肉の炎症と読んで

ひたすら冷たいシップで攻撃(一日3回交換)

一週間ほどで80%回復しまして

良かったんですが・・・・・・・・。焦る
(読みも当たった!!)


人間の身体は全部つながっているということを再確認した

転倒事件でした(皆さんも気を付けてください!!)ありがとう

 
| 健康情報 | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ハイキングダイエット
最近、ハイキングに行く機会が多くなってきているんですが・・・・・。山
(主に単独で)

その話を同級生のK君に話したところ

なぜか?食いついてきて一緒に山に行くことになりました歩く

ケツが重いことには定評があるK君が食いつくとは??

ーK君ケツ重いエピソードー

自転車での浜名湖一周のサイクリングを誘い続けて

2年たってようやく実行された。(その間いろんな言い訳有)エリザベス

今回は話をして、一週間とたたないうちに連絡(催促)

がありまして、ボクもびっくりしてしまいました。

ということで、初心者に優しくかつ見晴らしのいい尉ヶ峰に決定人差し指



朝7時に集合して、現地の登山口に車で移動

心なしかK君、緊張のにおいを発していますアセアセ



K君は前の日に飲み会だったらしく、顔も体もパンパンになっていますビール
(それが、山歩きをしているうちに変化していくのは驚く
 行きと帰りで、三割がた男前になる。余分な水が抜けて!?)

まあ、ゆるゆると出発ということで

彼のペースで行くことにDocomo102
(と言って、ボクのペースが速いという実力でもないが・・・・。)


この尉ヶ峰のハイキングコースは

大人から子供

クロスカントリーの老若男女

なおかつ、近所の散歩おやじまでが

歩いたり走ったりする、比較的優しいハイキングコースですにっこり

8時チョイすぎに出発して11時半ごろに山頂に到達

K君も、なんだかんだ言いながらもいいペースで登頂ですグッド


(頂上とは別のピーク。パラグライダーの発着所)

なんだか今回のハイキングでK君も自信がついたようで

月一回のハイキングを提案したところ、快諾火
(困った、ボクもやらんといかんと言うことか????)

月一回のハイキングで、どれだけダイエットになるのかはわかりませんが

山に登った時の苦しさを軽減するために、日ごろの節制を心がけるのは

とてもいいことだと思いますOK


という話を、自転車変態のM君に話したところ

M君  「そうなんですか。すごいですね」

    「実は僕たちも湖西連峰に登っていまして・・・。」

寿   「ハイキングなの?

M君  「もちろん自転車でですよ。

     乗っていけないところは担いでいきます!!」

寿   「・・・・・・・・・・。」

M君  「あと2本で、湖西連峰の山は完全制覇ですね!!

     ハッハッハッハッ!!」

寿   「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


健康のため、登りすぎに注意しましょうえ?!
| 健康情報 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
そうだよね〜〜〜〜〜〜!!


整体中の会話の中で、健康診断の話題が出る時が多いんですが・・。

Sさん(女性)と話をしていた時のことにっこり

寿   「Sさんの会社は、健康診断はいつなの?」

Sさん 「もう、終わったけど。なんか今年は変なんだよね」

寿   「変って?」

Sさん  「去年は何にも問題がなかったのに

     今年は数か所気になるところがあるって、チエックが入ったの」

寿   「再検査みたいなもの?」

Sさん  「そこまでじゃあないんだけど・・・・・。」

Sさん  「少し、落ち込むわ」ショボン

Sさんを見た感じ(触った感じも)悪いところがあるようには見えませんエリザベス


ボク自身も、健康診断の基準がちょっと厳しすぎるんじゃないかと

思っていました悪魔

そうしたらば、上の記事が!!!!!!!

そうだよね〜〜〜〜〜〜〜!

血圧の範囲がこれでは、みんな高血圧の薬を飲まなきゃいけなくなるものビックリ


記事によれば

血圧やコレステロールなど、学会基準や施設独自の基準が混在している。
(それはしらんかった?????)

そこで、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が150万人の受診者

を分析して「健康な人」の検査値を示したパンチ

そうしたらば、現在の基準値が大幅に見直される項目が出てきたパンチ



なんだかとっても画期的な記事で

ボク的には、「消費税をとりすぎていたから下げます」

みたいな感じで、すごいと思ってしまいますグッド

基準を厳しくして(ワザとではないんだろうが・・。)

「死にたくなかったら、この薬を飲みなさい」

「死ぬまで、この薬を飲み続けなさい」

死ぬまで薬を買い続けるドル箱(患者さん)を作ったほうが

製薬会社や、お医者さんなんかはうれしいのではあるまいかはてな

それを日本人間ドック学会が突き破るようなことをびっくり

医師会から圧力はなかったのかしらん???


基本的に自分の身体は、自分が一番よく分かっている

ものだと思います。

検査も大事なんですが、日々、自分の身体の声を聴ける

聴く耳を持つ、そんな身体の状態にしたいものです耳
| 健康情報 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
潜伏
この季節、風邪が流行ってきているようで

寿に来られる患者さんの中にも

風邪を引いていて、さらに腰痛になっているなんて
(不用意にセキをすると、腰に響いて動けなくなる)

二重苦、三重苦の人も見受けられます


土曜日の朝、咽喉が変な感じになりまして

昼頃、膝から下が冷えてきて、寒気を感じ

これは

先週、風邪引きの腰痛の方が見えて、セキをゴホゴホだしていたっけ

調度マスクが無かったのでそのまま整体を行なって

あとはうがいをして・・・・・。


ウイルスが身体の中に入って発病するまで一週間くらいかかると

なんかの本で読んだ事があるんですが

それか!!

潜伏していて確変を引いてしまったか
(まあ、このギャグはパチンコやってる人なら分かると思う)

潜伏している時に、身体の免疫力が下がってなければ

ウイルスに負けないんでしょうが

今回は久々に負けた模様

土曜日の夜から寝たきりになりまして、月曜に何とか動けるようになりました
(やっぱボク、虚弱体質だわ・・・・。)

皆さん、身体には気をつけてください





| 健康情報 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
牽引療法の是非!
中日新聞に、こんな記事が



非常に意味のある記事で、この記事を書いた新聞記者の人はすばらしい


整体業界というか手技療法の世界では、手技の改善や改革が

日々行なわれていまして、引っ張るという事は数年前から

あまりよろしくないという事になっています
(ボク自身、手技のやり方を変えた)



牽引の理論は分かるんですが、腰痛や首痛が引っ張るだけで良くなるとは

到底考えられません
(実際、牽引されて気分が悪くなったり、具合が悪くなった人が寿によく来る)



牽引が有効な人もいれば、有効ではない人がいるのも当然で
(壊れ方が一定ではない)

保健の範囲内で、画一的に治療を行なうという事は

人の身体の状態を見て(診て)いないという事になります。


昔から行なわれている療法が正しいかどうかという事を

日々の施術で確認していくという事は

人の身体を治していく仕事に携わっていくものの、使命(責任)だと思います。


寿限無堂(おはら)の整体は、ある意味オーダーメイドでありまして

Aさん、Bさん、で刺激の量や強さが微妙に異なるように施術をしています
(モチロン、その人の身体の状態も加味して!!)


変な例えだけど・・・・・・・・・・・。

ベンツ乗っていて腰痛が治せないのと

ワゴンR乗ってて腰痛が治せるのと

どちらが価値がある
| 健康情報 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
伊良子岬へ。(後編)


赤羽の道の駅で少し休憩を取り、また出発です

あと30キロくらいあるようです

そこから、ただただひた走り、恋路が浜が見えるところまで到達


(綺麗なところではあるが、汗まみれの疲労まみれの状態)

とりあえず記念撮影をM君にしてもらい
(ちなみにM君の中の伊良子は、トレーニングの一環で、毎週来ているから
記念でもなんでもないらしい・・・・・。やっぱキミ、変態だわ。)


  
(ヘロヘロのボクとT君。額が広いなボク)

ココから駐車場(大アサリを売っている)の所まで降りて

トイレによって少し休憩して、帰りのコースに入ります 

帰りがまた、暑いし、腹が減ったし、ケツが痛いし、何か遠いし(実際遠いのだが)

写真なんかとっている余裕もなく、ただひたすらひたすら目の前の道を

前進するしかありません

この伊良子街道は自転車乗りが多く、ロード(タイヤが細い)の人が

ほとんどで、ボク達のようなタイヤの太い変態自転車はいません

ロードの人が追い抜きざまに

ロード 「スゴイタイヤですね!!頑張ってください!!」

なんて応援してくれて、嬉しいんだか、悲しいんだか複雑な気持ちです
(きっと、後ろから見て背中が泣いていたのかもしれん・・・・・。)


何とかかんとか、M君の家に3時30分に到着

朝8時半に出発したので、なんと7時間
(休憩が一時間くらいか?)


それから一ヶ月過ぎた今・・・・・・。

大体こういうことは、終わってみればいい思い出になるって言うけど

ボク自身必死すぎたのか、全然覚えてないんですけど・・・・・・・・・。
| 健康情報 | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
伊良子岬へ。(前編)
 6月15日の土曜日の午後

自転車変態のM君が、寿限無堂に来まして

M君  「先輩、本格的な梅雨が来る前に伊良子に行っといたほうが良いですよ!」

寿  「別に。梅雨明けてからでいいじゃん」

M君 「梅雨明けてからだと、暑くて走れないですよ」

寿  「そう言われれば、そうかもしれんが・・・・・。」


ここら辺の自転車乗りで、避けては通れないコースが二つありまして

ひとつは、浜名湖一周

もうひとつは、伊良子岬往復

浜名湖の方は、クリアしていると言う事で

残りは伊良子

いつかはやらねばいけないコースなんですが

なかなか踏ん切りがつかなかったこともあり、先延ばしにしていました
(距離、及び高低差がありすぎると思っている)
まあ、死ぬ気で行けば何とかなるか・・・・・・・。

と言う事で、急遽6月16日の日曜日に伊良子岬に行く事になりました

朝8時にM君のところ(新所原)に集合です。


(準備に余念のないM君(左)と、根拠のない自信を持っているT君(右))


 
今回もこのファットバイクで出動です

先行はボクとT君、8時半に出発です
(T君の服装は、バッチリ自転車乗りな格好。ボクは相変わらずリゾートな感じ)

M君は一時間遅れで出発(仕事の関係と、ボクらとはスピードが違うため)

とりあえず集合場所は『赤羽の道の駅』

 
伊良子街道は、走った事がある人は分かると思うんですが

道自体は、ほぼ真っ直ぐです。

しかーし、思いのほか高低差がある

車だとそんなに気にならんけれど、自転車だと気になりまくる

特に走っていて、次にどんな道になっているか分かる時点で

心が負けそうになる
(例えば、今下っているのだが、前を見てみると明らかに登り坂が待っている
しかも、道は一本。行くしかないのだが、あまりいきたくない。そんな感じ)

何とかかんとか、道の駅にたどり着きます

1時間30分の行程です





道の駅で休憩していると掃除のお姉さん、観光客のカップル

ちびっ子、おじいさん、おばあさん、猫、犬、虫などの注目を浴びます
(モチロン、自転車が・・・・・・・。)

さすがに遠巻きに見ているだけで、話しかけてくる人もいないんですが・・・・・・。

まだ全工程の三分の一位の場所です。

続く
| 健康情報 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
クエン酸コンク・ミネラル
クエン酸とは

『身体にたまった乳酸や、食事で摂った糖質や脂肪を

エネルギーに変換し、老廃物を排泄させる』 「クエン酸サイクルという」

ハイポトニック飲料

『体液より浸透圧が低く、運動中・後に素早く吸収される』


前回、運動中にはクエン酸がいいってことで

赤いほうのクエン酸コンクRJ(ローヤルゼリー入り)を飲んでみたんですが

またこれが、疲れているのに身体が動く

泣きながら自転車で山道を登った時も、これを飲んで何とかなりまして

Oさん(トライアスロン変態)に頼んで、買ってきて貰いました



今回は右の、クエン酸コンクミネラルって方から飲んでみる事に

Oさん曰く

「ちょっと、しょっぱいかもしれませんよ」

「酸っぱいことは、酸っぱいですし」



大丈夫ですよOさん

今までサプリに美味しさを求めた事はないですから
(昔20代の頃、プロテインを死ぬほど飲んでいた頃
ただ安いという理由で飲んでいたプロテインが、これがまたクソまずかった、が
一週間に1キロ消費と言う事で、ガマンして飲んでいた事あり)

この、クエン酸コンクの酸っぱさが美味しく感じるようになっていると

トレーニングが、順調にこなされていると言う事になります


しかし、この販売者の株式会社アリストは只者じゃないね

クエン酸コンクに、オルニチンが入っていて

メダリスト(薬局に売っている)にはクレアチンも入っているからね

通だよね


オルニチン『成長ホルモンを分泌させる事で注目されているアミノ酸。
       タンパク質の合成を促進させる』

クレアチン『骨格筋に95%含まれるアミノ酸の一種。
       パワー系のアスリートには必要不可欠のサプリ』


さてと、クエン酸の準備はオッケーと言う事で

後はやる気を、どう引き出すかだけです
| 健康情報 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE