<< 年末年始の闘い(序章) | main | 2014 12月30日(自転車1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑TOP
2014 12月28日(ハイキング)
年末年始の闘い第一弾は、ハイキング山

三ヶ日駅から宇利峠に行き、瓶割峠から富幕山、風越峠、尉ヶ峰を経由して

気賀にある国民宿舎で一泊する。という楽しそうな企画!!
(大体7時間くらいの行程と読んだ!が…。)


(赤い線のところを歩く)

朝6時、鷲津駅に集合

車で三ヶ日駅まで行って、そこから宇利峠にある登山口まで歩きますマリオ







一時間半くらいかけてやっと登山口に到着














(ハシゴが朽ち果てている・・・・。)

登り始めてすぐの急坂に面喰いながら何とか踏ん張り

最初の頂上に(雨生山・うぶやま)



やっとスタートラインについた感じです。


(T氏が三脚を折るアクシデント発生)

記念撮影やら、三脚の補修やらで少々時間をロスした感じですが

朝早く出発したということでまだゆとりがあります。

予定では、富幕山の頂上でお昼を頂いて、ゴールの国民宿舎に

4時くらいに到着!そしてお風呂で唸る!!


ここから瓶割峠(かめわりとうげ)に降りて富幕山の登り口に

向かうところなんですが・・・・。

どうやら道を間違えたような感じで

凄い下りだなぁ〜〜〜こんなとこ登りたくないなぁ〜〜

という下りを、降りきった所で道を間違えたことが判明

イキナリ引き返さなければならない羽目にえ?!
(心の45%が折れる)

今回のハイキング、参加人員は4人で、60代、50代、40代、30代

ボク以外ベテランの人ばかりです。

しかし誰一人、低山ということで

地図はおろかコンパスも持っていません。

頼れるのは太陽の位置と勘

その勘を働かせて、何とか登山コースに戻ります太陽


瓶割峠に出て富幕山(とんまくやま)の登り口に着いたのは12時半

予定よりだいぶ遅れた感が出てきました(少し焦る)

ここから富幕山の頂上を目指すわけなんですが

これがまた長い!

登って下って又登ってと、なかなかたどり着くことができませんきゃvネコ
(心の65%が折れる)


心が80%折れるころに、頂上に到達ショボン

早速遅いお昼を頂くんですが、疲労困憊

これから風越峠を下って、尉ヶ峰を登れるかどうか心配になります焦り

4人で会議した結果

風越峠はまず下る、そして尉が峰は登らずに、横の舗装された林道を歩き

国民宿舎にたどり着くことに・・・・。

とりあえず遭難の心配はなくなったわけで、一気に気が楽になります。

ワインやホットウイスキーで乾杯ですペコちゃん



お昼ご飯を頂き風越峠を下り、尉が峰(じょうがみね)の登り口に到着

しかしここはスルーして舗装路をひたすら歩きます。

この時点で3時くらい

この舗装路をひたすらテクテク、トボトボ、フラフラ歩きます歩く

ワインやホットウイスキーのほろ酔いもすっ飛んで

必死に歩くこと3時間足



午後6時、国民宿舎『奥浜名湖荘』に到着(良かった〜〜〜〜)

実に10時間くらい山の中をウロウロしていたことになります。

ご飯を食べて、風呂に入って、ベットに横になったら気絶天使

朝まで意識が戻らず骸骨

次の日は、天竜浜名湖鉄道で三ヶ日まで

これが年末年始の闘いのスタートです鼻水






 
| お知らせ | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 16:30 | - | - | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jugemudo.jugem.jp/trackback/524
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE